痛くて病院に行ったのに・・・異常なしと言われた=ラッキー??

川口駅前店 ひやねです


足道楽では外反母趾や足裏の痛み、ひざ痛で整形外科に診てもらったけど、

「骨には異常はないですね」

「加齢なのでしょうがないですね、みんな同じようなものですよ」

「このくらいだったら全然大丈夫です。もっとひどくなったらまた来てください」

「体重も原因ですね。もう少し体重を落としてください」

「しばらく歩くのを控えてください」

などと言われて大した処置もしてもらえず帰されたという方が

多くご来店されます。

こちらからしたら「痛くてどうにかしてほしくて病院に行ったのに、

大したことないってなんやねん!!」って気持ちになっちゃいますよね。


実はこれ、お医者さんが決して冷たいわけではなくて、両者の気持ちに大きな

隔たりがあることが原因なんですね。

どういうことかといいますと、、、

全員とは言いませんが、多くのお医者さんはこんなことを思っています。

「よかった、この患者さんは緊急の処置や手術が必要な患者さんではないな。」

どうしても一人で毎日何十人も診なければいけないお医者さんにとって

一番大事なことは

「手術や本格的な治療が必要になるような重大な病気を見逃さないこと」

なんです。

だからどうしても、レントゲンで検査をしても特に異常が見られないような

患者さんに対しては、つい、これくらい大したことないよというようなニュアンスで

話してしまいがちになるんですね。


普段からお伝えしている通り、外反母趾や足裏・カカトの痛み、ひざ痛の原因は、

「足首関節のズレ・歪み」からくるものです。

このズレは動きの中で起こってくるものなので、静止した状態でレントゲンを撮っても

なかなかわからないんですよね(見る人が見ればわかりますが)

足道楽ではこの足首関節のズレや歪みをオーダーメイド中敷きや足のクセに合った

靴で整えていくことで上記のご負担を改善させていくことができます。


本題に戻りますが、もし今後、足や膝、腰の痛みでお医者さんにかかったときに

「加齢ですね」「特に異常はないですね」と言われたら、

そんなこと言われても痛いものは痛いんじゃー!と憤慨するのではなく

「あ、手術とか入院とかが必要な重大な病気じゃなかったのね!ラッキー♪

それじゃ安心して足道楽で中敷きを作ってもらおっと♪靴を選んでもらおっと♪」

と思っていただけたらと思います(^^)


今回は長くなってしまいましたが、僕たちは薬を処方したり、手術をすることは

できませんが、足にご負担を抱えるお客様の気持ちに寄り添い、痛みを軽減させたり

楽に歩いてもらうようにしてあげることはできます。


足のご負担で悩まれている方は我慢せずに

まずはお気軽にお近くの店舗までご相談くださいね


**********************************************************************

池袋駅から電車で約15分、新宿駅から約20分!

都心からのアクセスも便利な川口駅より徒歩5分の川口駅前店

ご予約(当日、前日のご予約はお電話でお願いします)

川口駅前店TEL:048-299-2585

***********************************************************************

0コメント

  • 1000 / 1000